So-net無料ブログ作成

環形動物と扁形動物 Flatworm phylum and Annelida [自然]

12月11日

3C64FDD4-A806-4BAE-B05D-9BF73CB1E36A.jpg


遅ればせながら、自然薯を掘ってみましたけど全然大きくなっていませんでした。
モタモタしていて植え付けが遅れたのと肥料不足のようです。1年でそれなりのイモを採ろうとしたらそれなに肥料もいるみたいです。まあ、一人で食べる分には充分な量ですが、やっぱり細いイモじゃあくやしいです。

79C1872F-11FA-4E74-BEA1-99B1F7F1AB33.jpg


自然薯を掘ってたら10cmほどの小さなコウガイビルを見つけました。自然薯にかけたマルチなんかの下が湿気があって住み心地がよかったんでしょうね。コウガイビルって1mほどになるやつもいるらしいけど、そんなのは見たことはないです。粘液ベタベタでそんな大きな奴に会ったらビックリです。ヒルとついてるけど、環形動物のヤマビルやチスイビルじゃなく扁形動物の仲間です。英名がLand Planariaちゅうくらいでプラナリアと言ったらそんな感じですね。ミミズやナメクジを食ったりする肉食ですが、ひっそりじめッと生きてる感じのやつですね。もちろん人の血吸ったりというような凶暴な奴じゃないんよ。
因みにコウガイってのは、三味線のバチみたいな頭の形を昔の女の人の髪飾りである笄(こうがい)に見立てて付けた名前だそうです。

まあ、いろんな生き物と一緒に暮らしているわけさぁー!




nice!(26)  コメント(2) 

12月の雪 December Snow [自然]

12月7日

0E0D3CFC-1C15-477B-B5B4-B744C6D7FDC5.jpg


家の周りは昨日の雪がこのくらい残っています。(上、左下)
12月の雪って例年有ったり無かったりとそれほど多くなく、年によってムラがあります。それにしても今年の12月は今のところ小雪です。

12月8日

右下は島見にある母のグループホームの駐車場です。これは雪が降った時に駐車場に水を流す消雪用のビニール管です。雪国の人には説明する必要無いですが、管に穴が開いていてチョロチョロ水を出して雪を解かすんです。まだこの辺り海辺のエリアに雪は積もっていません。だから管は巻いたままで、雪が降れば伸ばして使います。
今日は朝早く母を家に連れて来るので、昨日の夜から実家に来てます。










nice!(29)  コメント(2) 

朝起きたら雪だった it was snowing when I woke up [自然]

12月6日

9627C1F2-0B40-4909-9F6E-826E38C3F8F0.jpg


朝から雪でした。

66241F63-722D-4C8A-B2F5-C4A31D6B2777.jpg


とうとう雪ですね。

894CC0E7-BA2F-4B01-A320-F8279C315DC0.jpg


雪の間をぬって年賀状の不足分を買いに郵便局に行きます。少な目に買って年賀状の送り先もチョッとづつ減らしているのですが、やはりチョッと足りなかったです。
家の前の県道にも少し積もり始めました。

5B028EB6-832E-4396-ADCF-A12164804C37.jpg


最寄の荒沢郵便局です。
ここはヒメサユリの咲く高城城址が近くです。三条の市の花であるヒメサユリが咲くのは、まだまだ先の5月半ばのことです。(上)その前に長い冬です。


nice!(17)  コメント(2) 

エンジンルームのネズミの巣 mouse nest in the engine room [自然]

11月16日

E8982817-A0E4-4E6D-AF60-2AF5B9880F65.jpg


寝室からの紅葉です。
上は重機のある山側です。
左下は県道側のコナラと、右下はスギ林側のクリの紅葉です。

EB11034F-85D3-42CD-A836-E83249F4BF6F.jpg


午前中、友だちの車屋さんに行きました。
冬タイヤへの交換(左上)とその他点検をお願いします。冬タイヤ交換は自分でやっていたのですが、この頃彼に頼みだしたらどうももう自分でやるのがしんどくなってきました。ついでに点検してもらえばちょうどいいです。
友だちに「カメラ!カメラ!」と呼ばれたので行って見ると、何とエンジンルームにネズミの巣です。(種類わからないけどハツカネズミでしょうか?)バッテリーの上に作ってました。毎日車は移動させているので、多分昨晩あたりに作ったのでしょう。今薪小屋の中は薪の入れ替えしてるんで、そっちにいたネズミが居心地が悪くなって車に移動して作ったのかなぁ?とりあえず巣は車屋さんのゴミ箱に捨てたのですが、巣の欲しいネズミは家にいるから時々車の中もチェックしないといけません。


nice!(33)  コメント(3) 

イチョウの黄色 Ginkgo Yellow [自然]

11月13日

67963B64-E3C1-4BC8-88D8-FA39BCE373F7.jpg


五泉の蛭野はイチョウの名所ですが、黄葉のピークはイマイチでした。それ以外のところの方が真っ盛りです。これは、慈光寺の帰り加茂市の七谷のイチョウです。とてもきれいです。

AE5407CF-F0D3-4DA4-A7B3-B65BEE12411B.jpg


加茂川沿の山の紅葉です。イチョウの直ぐ裏山です。
今はこの辺りまで紅葉が下りて来ています。

nice!(20)  コメント(2) 

素手で捕まえないこと! Do not catch with bare hands! [自然]

11月4日

0AD0F665-E2E0-46CB-9D39-317C692BF43A.jpg


オオトビサシガメと言う肉食のカメムシです。
家に中などに大群で入り込み越冬しているクサギカメムシとは違います。越冬時、クサギカメムシの群れの側にいたりもするのでクサギカメムシのオスだと勘違いしている人も多いです。
積極的に人を誘うとすることは無いですが、素手で掴もうとしたりすると鋭い口吻で刺されることがあるので注意して下さい。アシナガバチに刺されたくらいの激しい痛みがあるそうです。毒はありません。痛いだけです。
カメムシなので臭いかと言うと、バナナの香りがすると言われます。でも、私はそんな臭いを嗅いだことないです。ほぼほぼ無臭です。

パクチー臭を出すのは、たくさん家の中にいるズングリした体型のクサギカメムシです。日本中にいて、山沿いの家々は毎年冬に悩まされます。家の窓に集まってくるのは晩秋の風物詩とでも言うか!年中行事です。今年は特に多いようです。日に30匹以上はトングで捕まえて薪ストーブで火葬にしてます。まあ退屈しのぎの遊び相手です。

私は刺されたことは無いし、よほどのことがなければ大丈夫ですが、この大型でひょろ長目な体型オオトビサシガメにはご注意ください。結構家の中にも入って来ます。


nice!(43)  コメント(5) 

渇水転じて大雨 drought turn to heavy rain [自然]

8月22日

48A763E4-E884-4E5E-8E2C-202A2C9CC7C7.jpg


早朝、涼しいので薪ストーブを焚きました。必要というほど寒いわけではなく、焚いても暑くなり過ぎないかなぁと思い火をつけてみました。まあ、明るくなったら暑くなってしまいましたから窓を開けました。少ししか薪を入れてないけど直ぐ火が消えるわけじゃないんです。焚きたいから焚いてみただけの物好きの行動です。でもそんな気分にさせる涼しさだったんです。
しかし、40℃の暑さになった日が8月15日ですから1週間でこの“寒さ”です。

EFFAB2D0-37C2-491A-A412-FC71C507130E.jpg


台風10号も大した雨をもたらさず、渇水でしただの家を逃げ出したのが8月17日でした。やっと本格的に雨が降ってくれたのですが、今度は大雨です。しただは被害は無かったですが県内では洪水や土砂崩れになったエリアもありました。
これは今朝の五十嵐川です。ゴウゴウと流れています。

229FD5E5-EF85-4109-9449-65FABD150026.jpg


昨日東京から帰ったのが例の事故渋滞で暗くなり、野菜を採りに行けませんでした。雨ですが、とりあえず食べる野菜を採りに畑に行きました。

61B15711-3DD1-4F62-8DA6-64009CE2C343.jpg


網戸の外にカブトムシのメスを見つけました。しただでカブトムシを見たのは初めてです。カブトムシは東京よりはるかに少なくて、いないのかなぁと思っていましたがゼロじゃないんですね。でも田舎にはカブトムシがいて都会にカブトムシはいないと言うのは机上の自然ですよ。「野原にはセイヨウミツバチがいて、雑木林にクヌギが生えている」というのもしただでは幻想です。ここは銀座じゃないのですからセイヨウミツバチはいないし、お隣の栃尾で人が植えたとしか思えないクヌギを人家近くで1本見た以外この辺じゃクヌギはないです。変なことを言いますが、これが現実のしただの自然です。
写真はベランダのカブトムシのメスとウマオイです。

nice!(31)  コメント(2) 

しただの夕暮れ sunset of Shitada [自然]

7月30日

F0E539B9-5A01-4260-810D-31732F857B7D.jpg


チェーンソーのチェーンオイルが無くなりそうなので、夕方ホームセンターに買いに行きました。明日ホームセンターが開くのを待っていては、暑くなって作業が出来なくなります。
ホームセンターのある西の方向に陽が落ちます。弥彦山方向です。しただ郷は山に囲まれた盆地で五十嵐川の流れ出る西の方向だけが開いています。広々した新潟平野と比べて、時には閉じ込められたエリアと感じることもあります。

7月31日

8EAF627E-392C-4BD5-B455-BF0FF07D142A.jpg


暑くなる前に山に入ります。
今日の作業でこの谷の木材は運び出し終えます。もう一箇所木を倒してあるところが残っているので薪出しはまだ終わっていません。早く済ませたいのですがなかなか手が回りません。

D5797346-F37F-4C67-B2E1-C2B896339462.jpg


午後から畑です。
ゴーヤーが美味しそうです。今日の夕食はこれをいただきましょう!


nice!(49)  コメント(2) 

ヤマビル 蛭蛭 ミーティング in 阿賀町 Land Leech Meeting in Aga [自然]

6月20日

5C24B018-0FDD-4A6F-8A1E-50FF5D586D0C.jpg


今年も阿賀町からヤマビルミーティングIIのお誘いをいただきました。
昨年のヤマビルミーティング I(https://sitada-photo.blog.so-net.ne.jp/2018-07-08)好評のため今年も6月29・30日阿賀町の鹿瀬温泉で開催することのことです。
大変ユニークでしただ郷でも駒出川以東に生息していることから、是非参加させていただきたかったのですが、その日吉ヶ平で環境調査と「星空とホタルの夕べ」のイベントを行うため都合つきません。涙を飲んで不参加の連絡をさせていただきました。

ヤマビルの生態は未知なことや誤解も多いのでこの集まりはさらに盛んになっていただきたいものです。

ヤマビルミーティングは以下をご参照ください!

ヤマビル 蛭蛭 ミーティング in 阿賀町 2018 Part2 Land Leech Meeting in Aga 
https://sitada-photo.blog.so-net.ne.jp/2018-07-08
nice!(10)  コメント(0) 

三日月の夜 the crescent moon night [自然]

6月6日

35F5CB7D-AA17-4E08-8BCF-6F4EBE375C53.jpg


泳いで、買い物して、食事して帰ったらうちの山に三日月が沈むところでした。
かすかに山の端が見えます。モリガメはこの森(モリ)の中に生息しているカメ(カメ)ラマンなんですよ。
いい一日でした。







タグ:三日月
nice!(67)  コメント(2)