SSブログ
八十里越え ブログトップ
前の10件 | -

私の今期最終ガイド my last guide this season [八十里越え]

10月25日

B46A8B0D-A186-4BC9-9193-E5E4E27A2629.jpeg


うちの2階から見るクリの黄葉です。まだ色付いてるのは少ないです。雨で濡れてます。今日は八十里越体感バスツアーのガイド当番の日です。かなり雨が降りそうな天気予報です。

210ADB92-05FD-4578-A703-11F9003CF72D.jpeg


半日便午前、午後のダブルヘッダーです。体感バスツアー自体は来週が最終週なのですが、私は来週用事で出来ないので、今日が今年最後のガイドです。コロナウィルス次第ですが次は来年の夏以降です。

先ずは午前便。これは馬追沢内の4号トンネルです。まだまだ日が差しています。天気保てばいいんですが。今日現場に入って驚いたのは先週から随分と紅葉がすすんだことです。馬追沢はまだまだ標高は高く無いから、奥の色付きが楽しみです。

F6011B4C-6FE2-4CDB-A090-1E48680635DA.jpeg


少し下がって2号橋梁です。(下)
この2号橋梁の上から見たのが上のカットです。ここからは馬追沢の多くの現場が見渡せる場所です。

2AFB31F9-4EAA-4A45-B4DC-C2D7DC865A54.jpeg


上は5号橋梁の現場です。
下はその現場から見上げる関屋ツンネです。関屋ツンネの稜線は八十里越えの天保古道が、8分目辺りの中腹を明治新道が通っています。ここだけがバスツアーのルートの中で実際に昔の八十里越え街道を見ることが出来る場所です。

C46F5F95-3D35-419C-9E53-B63E1628389F.jpeg


三ノ滝隧道近くでサルの大群に遭遇しました。50匹以上いそうです。4台のバスを恐れることなく見守っています。この辺りは自分たちの縄張りだと言わんばかりです。大群のサルはともかく怖いものなしです。

9A9458BB-0B08-4F66-B8D0-FD87E01065E3.jpeg


9号県境トンネルを抜けてすぐの先の只見町側の地点が国道298号線の最高地点で標高が約650mあります。ここの紅葉は一番早く今ピークを迎えつつあります。
上は叶津川に流れ込む滝で、下は叶津川の上流方向の紅葉です。来週にかけてさらに鮮やかさを増すようです。

668D19DD-933D-4248-8E4E-EE99B93DD513.jpeg


只見町側から7号橋梁越しに9号県境トンネルを見た様子です。丸倉岳只見町側の紅葉です。
例年ですと、今時分はここではピークを過ぎているので、どうも今年の紅葉は若干遅めのように感じられます。

3BB705B4-C68F-4C82-95F6-21C88D1D463D.jpeg


只見町、県境を折り返しこれは、榾(ボタ)橋)上から見る大谷川の紅葉です。ここはこれからさらに色付くことでしょう。
午前便はたいして雨に降られずにすみました。

5921F82E-F9F0-4E43-A389-221350DE53FB.jpeg


午後便です。予報が変わりちょうどルートに並行して雨雲が線状降水帯がかかるような空模様になりました。まだ馬追沢の4号盛り土辺りでは日も差しました。
4号盛り土から2号橋梁を見下ろしたところです。向こう奥は笠堀湖を囲む山々です。

1D98ECF7-10CB-482B-B2A2-90EFE1A32024.jpeg


これは2号橋梁上から4号盛り土方向を見上げた馬追沢です。この一帯は今年盛んに工事が行われているエリアです。雨が降り出し見通しも悪くなってきました。

06A0931D-2C41-4E9B-AE5A-843BE497F05E.jpeg


上は午前便では何だかわからなかったのですが、午後便の説明で7号トンネル前に運び込まれた5号橋梁の橋本体の部材だとわかりました。これを来年度の工事で7号トンネル内で組立て、大谷川に出来ているP3、P2、P1、の橋桁に押し出して架ける予定になっています。P2の高さ81mほどで、大谷川上空120mに橋を架ける大工事がいよいいよいよ来年始まります。
下は8号トンネル前の広場です。国交省長岡国道事務所さんの説明を聞いている間に雨足が強まってきました。

CF705056-946C-4BE6-A50B-2BD92D068EF8.jpeg


下はバスに乗り込むたびにコロナ対策で手の消毒をしている様子です。
上は県境先の只見町折り返し地点です。雨が激しくもうバスに乗り込んで帰るのみです。
私にとって今期のガイドツアーは終わりました。コロナ禍に見舞われた今年の八十里越体感バスツアーでしたが、来年は例年通り開催出来ることを期待して終わります。皆さんありがとうございました。











Anne with an E

アニメでも夢中でみた「赤毛のアン」ですが、実写も素晴らしいです。主役のAmybeth McNultyがぴったりで見るのが1週間の楽しみです。



nice!(14)  コメント(3) 

ワシはワシを見た。 I saw an Eagle. [八十里越え]

10 月18日

99BECEA5-4C13-4B0C-9B39-3AC57B2C1B23.jpeg


八十里越体感バスツアーです。とてもいい天気です。
道の駅駐車場で「クマに関する防災緊急情報」の無線放送を聞きながら出発しました。しただ郷は今年も多数出てます。うちの山のすぐ脇の県道でも5月に親子が目撃されています。そこに人がいるから目撃されるんで、いない場所にはいくらでもいるわけです。
先ず、馬追沢工事現場です。今年はここでの工事が盛んです。2号橋梁(上)、4号盛り土(下)です。

9ACFF618-52D0-4636-8C6A-95A3057BE811.jpeg


国交相による工事説明を聞いていたら、4号盛り土の遥か上空にイヌワシ出現です。

586F0F78-0703-4E0D-B19B-4FB75D9E3310.jpeg


北の空を東から西へ通過してます。餌探しでしょうか?案外早いです。

BC50E234-13C6-4BD7-B6FF-503CCF8B0DDE.jpeg


早速しただの山のシンボルに出会えて幸せな気分になれます。
工事説明中だったので、大声も出せず、近くのお客さんに知らせるのが精一杯だったのが残念です。

4F0874A1-A87C-49A2-9314-E498DA626CFA.jpeg


大谷川沿いの工事用道路に戻り、途中ボタ橋で下車して紅葉の具合を見ます。ここの紅葉ピークは11月始めでしょうか。

C3ECD0B1-ABE2-4511-A295-F01A4ACF9360.jpeg


5号橋梁工事現場です。来年度上空に橋を渡す予定だそうです。すごい大工事です。

9A9C6BF7-537F-47B8-911F-3C5F69DCAD0D.jpeg


県境トンネルを出た只見側です。298号線最高所、標高約650mです。10日後くらいに紅葉のピークになるでしょうか。更にきれいでしょうね。

45FADA21-60CE-4265-B75E-065EF70D33DD.jpeg


工事現場で見たポスターの一つです。グーパーのサインです。

CF8C6BEE-7262-4A35-AB77-7EDEE32A30A4.jpeg


只見町塩沢の河井継之助記念館と河井継之助の只見の墓がある医王寺です。この寺は無住ですが、毎年8月16日に小千谷の慈眼寺(河井継之助と岩村精一郎の会談決裂があった寺です。)の住職が来て東軍(幕府側)慰霊祭が盛大に行われるところです。
今日の河井継之助記念館の現場ガイドさんが、もうノリノリ解説です。元バスガイドさんのプロだから素晴らしいです。それと今年はコロナ禍でほとんどガイドのチャンスが無いんです。私たちのツアーも回数、人数も縮小しての開催ですがお互いに継続に意味ありですね。頑張りましょねぇー!

2AB4EB39-C50D-407B-B201-655978BFDDB5.jpeg


只見湖畔の歳時記念館でランチ後、252号線(六十里越)で帰路につきます。
田子倉湖です。
ダム湖底に沈んだ田子倉集落の若宮神社は252号線脇に移築されていますが、神社に上がる階段は湖底に沈みました。水量の少ない時でないと水量から顔を出しません。ポッカリ広い湖面に出てる階段を初めて見た時不思議の印象があり(13階段的な?そしてどこにつながる階段なのか?と。)、以来気にして見ています。私にとっては、たいがい水没してて見れない不思議階段なんです。

28F77B69-EDC2-4033-87F1-431C6CAA8443.jpeg


田子倉ダムが巨大だから大きく見えない立木などです。

EFFFE65E-00CB-4CCB-902F-D0571E93CE1D.jpeg


252号線で只見線沿いに峠越えして新潟県へ戻ります。
「道の駅 いりひろせ」です。小さな湖畔の道の駅です。
後は290号線などでしただの道の駅へ戻るだけです。

天気よく、紅葉もそれなり、何と言ってもイヌワシが見れてよかったです。今年の八十里越体感バスツアーはあと2回です。私は最終回は休みなので次回が最終です。
今日も皆さんありがとうございました。













nice!(45)  コメント(5) 

小雨のツアー light rain tour [八十里越え]

9月27日

6CD0E4FA-4505-428F-9E1F-48905A728B6A.jpeg


雨が心配な午前便です。
馬追沢にある2号橋梁です。4号盛り土から見た様子です。(上)
2号橋梁上からの2号トンネルです。日曜ですが何かの作業しているようです。坑内に灯りが付いています。(下)
お客さんにトンネル工事の経験者がいて、その坑内の灯りがを見て「トンネルが左に曲がっている。」と言っています。並んだ灯りがの曲がり方で気づいたそうです。専門家の感覚に驚きました。

FE3D92B7-82A2-4EA0-BE6B-8903FF899176.jpeg


2号橋梁上からの馬追沢現場の全景です。小さいのでわかりませんが中央の山の左に4号橋梁、4号盛り土があります。これも見えませんが、3号、4号トンネルがここの右手にあります。
下に4号盛り土へ行く道が見えます。今年はこの馬追沢のあちこちで工事が行われています。

4AAABBED-7A05-452A-B03E-9363EE6977F2.jpeg


5号橋梁現場からの関屋ツンネです。ここはこのツアーで唯一八十里越え街道そのものが見れる場所です。
八十里越え街道の説明をします。(下)赤い水平なラインが明治新道です。天保古道は関屋ツンネの尾根を通っています。

7AAD6A88-FC74-4CF1-9BD2-65C41283615B.jpeg


午後便は雨です。
4号盛り土の説明箇所は足場が悪く(上)、
バス車内から見上げる2号橋梁も窓に雨粒です。(下)

EF8BDC7A-E784-4538-ADF6-8FD8A09BA58C.jpeg


県境トンネルの向こう、只見町側は小雨です。
叶津川を渡ってすぐに左手の山は崩れやすい地質です。多くのアンカーを打ち込んで押さえてあります。

235B52F9-978E-4D68-B21F-A8BECB59C60E.jpeg


それでも大した雨にならずにツアーは終わりました。
しただの道の駅に帰ってから、畑に野菜を採りに行きました。只見町方向に一瞬だけ雨上がりの虹が出ていました。










nice!(38)  コメント(2) 

半日ツアー始まる the half-day tour begins [八十里越え]

9月20日

4F94F6CC-7881-4ABD-933B-7AC1C66BF16A.jpeg


八十里越体感バスツアーの半日便が今日から始まりです。午前便、午後便があるんで結局一日中のガイドです。

83D40326-1FCA-4894-BE40-507B5CFFB488.jpeg


馬追沢にある4号トンネル現場です。今年はこの沢の中での工事がいろいろな箇所で行われています。

E74D9D64-68AF-4421-8FD6-323108B47B7D.jpeg


馬追沢は大谷川の支流の一つですが、この関屋ツンネが見える5号橋梁P2がある広場はもう一方の大きな工事現場です。向こうの遠くに見える山並みが関屋ツンネで、ここを昔の八十里越街道が通っています。北越戊辰戦争の折に長岡藩の軍事総督である河井継之助がのもここです。

C4D39A78-2DB5-45D9-876E-4474BC4B9FD2.jpeg


午前便の帰り道に立ち寄ったボタ橋脇のブナです。この一帯もブナが美しいところです。

E4A11EED-761F-4215-B808-CAD10E89444E.jpeg


午後便です。
午前便には友だちのカメラマンが隣の席に同乗してくれて、2人で漫才組んで楽しくガイド出来ました。午後は1人で、午前と同じコースを走ることもありイマイチ気分がのれません。ガイドとしてはそんなこと言っちゃいけないのですが、午前と同じネタを繰り返すのが午後便の辛いところです。

これも馬追沢にある2号橋梁です。この橋の上にも行きます。この橋の上から2号トンネル、3号トンネル、4号盛り土、4号橋梁と馬追沢の多くの現場が見渡せます。

DFAB9F46-A5BC-436B-8620-4FEE90DB8E4C.jpeg


県境トンネルを越した福島県只見町の叶津川沿いです。ここで半日ツアーは折り返しです。八十里越街道方向に日が落ちます。秋が押し詰まるにつれてちょっぴりわびしい時間帯です。
越後側へと帰ります。
皆さんお疲れ様!








nice!(40)  コメント(2) 

2020年八十里越体感バスツアー始まる 2020 Hatinurigoe Bus Tour begins [八十里越え]

9月5日

コロナ禍で2020年八十里越体感バスツアー開始が遅れていましたが、マスク、消毒、定員を減らすなど対策して今日から開始です。9月5、6日の1泊ツアーで、星空観察とブナ林ガイドツアーの会津の自然体感の旅です。

0AF59596-5277-4896-8B81-6A1CCC001649.jpeg


出発地の「道の駅 漢学の里しただ」は晴天ですが、午後の南会津町ほ雷雨の予報でした。

A482A2A2-DD4F-49E3-A19C-ADF4085F945C.jpeg


国道252号周りです。
只見町は田子倉湖側から入ります。田子倉ダムサイトのレストランでランチです。ここは只見町の米焼酎・「ねっか」のメーカーが営業しています。「ねっか」で66%アルコールをコロナ消毒用に醸造しました。「米焼酎の豊潤な香りがする」とのことですが、あくまでも消毒用のアルコールとして作られたものです。

0BD35D21-A2FE-4ADD-9D96-5956A3DC2003.jpeg


田子倉湖に来る度に気にして見ているのが湖面の若宮神社の階段です。若宮神社は湖底に沈んだ田子倉集落の神社ですが、ダム完成に伴い高いところに移築されています。神社に至る階段部分はこのように湖底に残さました。湖水の増減で水面下に沈んだり、

63881C19-F6C3-4BA3-9BD5-FEC9528C026C.jpeg


空中に現れたり、謎の”怪談“階段なんです。
これは2018年9月の写真です。始めこの状態で見たら広い湖面にポッつりある階段が不思議でなりませんでした。この階段で誰か処刑されたのか?なんて思い白い階段が不気味でした。ガイドで何度もここに来る度に気になって見るのですが何時も湖水に沈んでいて見ることが出来ません。ただ水面が広がってだけでした。
水面下ですが、今日久しぶりにその姿を確認出来ました。水に没しても本来達するべき若宮神社を求めて浮かび上がる階段の執念もしくは湖底の田子倉集落の怨念みたいなのを感じます。「”怪談”階段」です。

E68F5902-492C-4E57-A0AE-B73281953F2E.jpeg


只見町は先ず河井継之助記念館の見学をしました。コロナ禍で来館者も減り、私たちみたいにまとまった団体にガイドするのは今年初めてだそうでした。顔馴染みの名ガイドにお目にかかれたのも嬉しかったです。
その後、今日の宿泊地南会津町の高杖高原に行きました。あんなに晴れていた空ですが、だいぶ雲が出てきました。
これは我々の泊まる会津高原アストリアホテルから見た隣の会津高原ホテルです。

C1405D24-5F52-4A69-83B1-A061598C7DF1.jpeg


少し雨も降ったり心配されましたが、食後暗くなり晴れ間が出だします。星空観察会を主催する地元天文グループ・Hoshinajoの人たちも迷いつつ開催することにしてくれました。ホテル裏のたかつえスキー場ゲレンデに出かけます。(右上)
でも、夜がふけるにつれ星が出て天の川など星々を見ることが出来ました。左上のカットの真ん中左のやや明るい星が土星、右の明るいのが木星です。天体望遠鏡で土星の輪や木星の衛星も見せてもらえました。
下の写真はHoshinajoさんがインスタにあげてくれた私たちと星空の写真です。Hoshinajo さんたちもコロナ禍と悪天候続きで今年初の観察会イベントだったそうでした。いろんな楽しい天体話をありがとうございました。皆さん大喜びでした。
「なじょ」と言うのは会津弁で「どうですか?」と言う言葉です。「ほしなじょ?」と言うのは「星どうですか?」と言うことです。会津アストリアホテルhttp://www.aizu-kougen.jp/enjoy-hoshinajoで、詳細は分かりますよ。

9月6日

19CF83CE-D1FC-4D4F-9FE2-213478E46D32.jpeg


たかつえスキー場の朝です。
そう言えばバブル期に会社の仲間と東京から栃木の友だちとこの辺り一帯のスキー場にしょっちゅう来ました。高杖、高畑、だいくら、南郷と多くのスキー場を制覇してましたね。空いていて雪もよく楽しかった思い出です。バブルとも思わずに遊びまわっていましたが、今から思うとあの頃が私のささやかなバブルだったんですね。
昨日の星空観察会をした場所です。標高1,000mほどでシラカバも生え(左上)爽やかな朝です。星もよく見れるわけです。右上はアストリアホテルです。バブル期随分流行っていました。私たちは栃木の矢板もしくは東京からの日帰りで泊まったことはなかったです。

1364E435-AE98-4B64-A5DD-14A6AED62F28.jpeg


メグスリノキの大木です。

85B49099-6BA0-48F9-9AA2-7EF8B65E9806.jpeg


珪化木です。
今日の午前中の目玉は只見町の癒しの森ガイドツアーで、ガイドさんとの待ち合わせ場所の「森の分校ふざわ」の前にありました。ここで2人のガイドさんと会いました。お一人は何時もお世話になっている山が大好きな女性ガイドさんです。只見町にはたくさんのガイドさんがいてツアーで来る度に知り合いガイドさんにお目にかかるのも楽しみです。

6BDA4211-977C-4F53-A48A-861CC939FBA5.jpeg


癒しの森ガイドツアーです。金山町との境の森でブナの美しさに癒される歩きやすいコースです。「国界の大ブナ」と呼ばれたマザーツリーが2013年春に倒れました。光が差し込みその周りからまた新しい命が育ってきています。そんなお話をガイドさんから聞きながら歩くツアーです。私は「国界の大ブナ」が倒れる前からここに来てるので只見歴も長くなったものです。これも八十里越えの縁です。人と人を繋ぐ道ですね。

4BA7B769-F74E-43E3-9D54-A0CA4A9A07D1.jpeg


午後から八十里越体感バスコースの見学です。本来このバスツアーの目的であるコースですが最後になります。ま!いっかぁー。
県境トンネル只見町側(左上)、8号トンネル前広場(右上)、5号橋梁現場(下)と見どころを回ります。昼食後ながら皆さん眠気も催さず見学いただいています。ガイドがいいからと言うよりコースがいいのであります。

2AFF9DAF-EB2A-4243-96B2-8A54BA175AB7.jpeg


眼下を流れる大谷川です。ボタ橋の上からの眺めです。

A439A3A2-FC82-4C10-9709-EAF94A471F09.jpeg


大谷川からそれて馬追沢側の一帯です。今年盛んに工事をしているのがこの谷です。
4号盛り土です。
今年架った3号橋梁の先に4号トンネル掘削現場が見れるところです。
大谷川方向を見下ろすと2号橋梁が見えます。その先には笠堀ダムサイトから砥石沢へと繋がる尾根道がある山々があります。重い砥石を担いで運び出す人の転落事故を防ぐために道はホウキできれいに履き清められていたそうです。

23F106FB-AAD7-4BE4-A6ED-68795224299C.jpeg


そこを下り2号橋梁です。
橋桁から両側へバランスをとりながら橋を伸ばして作る「ヤジロベエ工法」で架けられた橋です。(上)
今年から2号橋梁上に行けるようになりました。(下)下から2号トンネル、3号トンネル、4号盛り土、4号橋梁と工事現場のオンパレードが見渡せる場所です。

タップ八十里越現場を見てしただの道の駅に帰り着きます。長いようで短かった1泊2日は盛り沢山トリップでした。

810CE273-2A01-48E5-9BAB-34DC5A26061F.jpeg


畑に行って今日の野菜を採って、お終い!お疲れ様ー。














生配信130回おめでとうございます。
浴衣パーリー!素晴らしい。皆さん素敵な浴衣だけどー、なつきーのはシックでいいねー!


nice!(70)  コメント(9) 

八十里越バスツアー9月開始! Hatijurigoe Bus Tuor starts in September! [八十里越え]

8月4日

6A6C47DC-C248-4A8B-B89D-460698948393.jpeg


コロナウイルスで遅れていた2020年の八十里越バスツアーが、9月5日から始まります。
今日は、それに先駆け今年のコースの下見です。
ただし、諸々感染予防に配慮しての運行になります。乗車人数もこのように半減させ1台に付き11人です。今日も本番に合わせて席を開けて乗車します。

83F58C58-FFAC-4FCD-B14A-30A0C43848A8.jpeg


今日は、本番の半日コースを想定しての見学です。
2号橋梁を潜ります。(上)
4号トンネルが見えて来ました。(下)

38307F35-A542-444A-BFD0-6A1C7ADC9DA5.jpeg


4号盛り土です。(下)
ここから見る4号トンネルです。(上)

F32CF95F-0CF9-4A99-92D2-B873AC94F010.jpeg


一旦戻って2号橋梁の上に上がります。
上は2号橋梁上から振り返って見る4号盛り土方向です。(上)
下は2号橋梁と2号トンネルです。

今回ったコースは短い範囲内で多くのトンネル、橋梁工事が同時に見れることになります。

17E38C35-BE96-4E6A-87BF-1DB0DF00D375.jpeg


大谷川沿いの工事用道路に戻り遡ります。
5号橋梁の3本の橋桁が出来ています。真ん中のP2は高さ85mになります。ここに5号橋梁本体をかける大工事は来年の作業になるそうです。

17894CDC-BA78-4E6A-A31C-46FFFD236609.jpeg


8号トンネル前の広場です。
今日は平日で工事車両の行き来が盛んにあります。

1A276401-06F6-4CB1-810D-F331E912041E.jpeg


9号県境トンネルを越した只見側です。289号線最高地点です。
道路脇の山が崩れて来ない様に山側に一面にアンカーを打って抑えてあります。(上)
巨大なスノーシェッドの壁を伸ばして山側の抑えにします。その下部工事が進んでいます。(下)この工事は昨年は取り掛かっていませんでした。
このスノーシェッドが出来ると9号から10、11号トンネルにかけての間の道はずっと長いスノーシェッドに覆われて外が見えなくなります。
半日ツアーはここから引き返します。

BD96E05E-B610-47A1-8FC7-4957318A5E56.jpeg


帰り道に榾橋(ボタバシ)で下車します。

4514C042-C95E-420F-8C75-6082C58F626B.jpeg


榾橋の下を流れる大谷川がきれいです。

EB3A6CD3-E40C-4AFA-B484-3891B7C814A1.jpeg


見学を終え「道の駅 漢学の里しただ」に戻りました。ここで今日の見学や今年のツアーについての打ち合わせと意見交換会です。
周りの田んぼが夕陽にキラキラです。コロナウイルスのせいで今年のツアーは短い期間だけの開催になりましたが、無事成功しますように!









コロナウイルス流行のせいで、メキシコのコロナビールは生産停止に追い込まれ、沖縄のオリオンビールも大幅減収減益だそうです。OMG!
皆さん!街で「3つ星」を見かけたら是非お買い求めいただき、「オジー自慢のオリオンビール」をサポートしましょネェー。
ありカンパーイ!




nice!(24)  コメント(4) 

八十里を越えた映画 movies about people who crossed Hatijurigoe [八十里越え]

2月23日

NPO しただの里主催の「八十里越フォーラム・八十里を越えた映画」のお手伝いに行って来ました。
今年公開される、「峠 最後のサムライ」と「瞽女 GOZE」の2本の映画にちなんだ講演です。

第一部



B8C5EEA2-4BF5-49EA-914D-079E11477C65.jpeg


小林ハル最後の弟子と言われる萱森直子さんの瞽女唄演奏と元NHKアナウンサー・國井雅比古さんの語りです。

BF194A4D-2A33-4265-B102-2A06E64C82A9.jpeg


第二部

D35AEFD8-4681-4645-85B4-3EB3CE0F02B7.jpeg


「峠 最後のサムライ」助監督の酒井直人さんと國井雅比古さん、

35B14939-FA9E-48CC-9074-DF4D86D7F584.jpeg


これはその映画に出て来る町人ですが、今回主催のNPO しただの里理事長の大竹晴義さんです。今回の公演成功おめでとうございます。

72745263-60C2-40B4-AB7C-83AC59F0045B.jpeg


「瞽女 GOZE」の監督の瀧澤正治さん、萱森直子さん、國井雅比古さんの対談です。

私はここで退出しましたが、
第三部は再び萱森直子さんの瞽女唄演奏でした。

瞽女唄の迫力にはとても感動しました。


nice!(80)  コメント(2) 

サヨナラ叶津番所! Farewell to Kanozu Gardhouse! [八十里越え]

2月10日

0A387421-F8BF-4EDF-9D9F-488D197D2557.jpeg


叶津番所です。
八十里越えの只見町側の番所です。越後側にはしただの葎谷に置かれていたのですが、現在はその跡地に木の杭が立っているだけです。会津藩時代にはこの側に番所があったのですが、幕府直轄となってから叶津村名主 長谷部家の居宅に番所を移しました。これがその建物です。長谷部家は代々名主役と口留番人役人を兼ねる身分のため、奥座敷があったりと立派な造りの建物になっています。

B4B6DCFF-539C-487D-8172-24CB4E21C7C3.jpeg


この度もこの叶津番所さんにいろいろお世話になりました。今日は来た道を(会津坂下経由で)帰ります。
上は目の前の叶津川にかかる只見線です。
2011年7月新潟福島豪雨で会津川口駅〜只見駅が普通になっています。現在復旧工事が始まり、全線開通は2021(令和3)年度を目指すと報じられています。

nice!(32)  コメント(2) 

只見町雪まつり Tadami Snow Festival [八十里越え]

2月9日

今日は只見町に久しぶりに行きます。

DF2AB819-8A23-4648-9AC1-6627F44C7207.jpeg


7時に野球場に集合なんで家を早く出ます。道が凍っていて怖いっす。奥に向かう車が笹岡のトチノキ並木の辺りでスリップしてバス通りから田んぼに落ちています。荻堀の中心部でイタチが目の前を横切ります。いろいろありますね。朝は皆さん忙しいねぇ。まあ、しただの繁華街だけどこの辺はクマも出るんだからイタチなんか日常茶飯事だす。
Oさん、Tさんとで久々の3バカトリオが野球場に集合です。

3EEF15F2-4CD5-446F-AB21-A3B42B33D4C1.jpeg


冬季は魚沼からの国道252号が閉鎖ですから、磐越道で会津坂下周りの国道252号です。えらい遠回りです。
途中で金山町の大塩天然炭酸水井戸に立ち寄ります。酸っぱくて美味しい水です。
昨年長岡の人がこの井戸に落ちる事故が起きてます。その後上に金網がかけられています。今はコンコンと湧いていますが夏場は枯れているらしいです。今はとても落っこちようのない感じです。

FA8902DE-DA50-407A-BBDB-18CB1680FEDD.jpeg


只見川を遡り、只見町中心部を左折して伊南川方向、布沢方面にゆきます。
こちらの郷土史家の先生のお宅にお邪魔します。「峠」の連載が終わった司馬遼太郎が1974年に只見町を訪れた時に案内をされたと言う大変な先生です。(下)
一応、八十里越えの話なども聞かせていただきました。宝暦、天明、天保と何度も飢饉の被害にあっているこの地方です。八十里越えはその都度越後と南会津地方の窮地を救った歴史があります。天明、天保の飢饉では越後の救援米が会津の人たちの命を救いました。宝暦の飢饉では越後の子供たちが奥会津に連れて来られたりした記録があるそうです。中越の子供たちとありましたが、「おおつまり」と言う地名が出ていました。会津、越後から長野、関東へと行く経路であった十日町、津南の妻有(つまり)のことでしょうか。とかね。
お宅の庭はここのところの急な雪降りでたっぷりの雪ですが、つい先日まで全く雪が無かったそうです。(上)そのあたりはしただも只見も同じです。

2C73E487-5327-4877-9802-C549EB61848D.jpeg


珍しい奥様の郷土料理をたくさんいただきました。ご馳走様でした。
赤カブやニシンの麹漬けなどをいただき、いろいろ只見料理の話を伺っているうちに先生のお宝が出てきました。ウグイの飯寿司です。ウメー!感動して大騒ぎしてたら、さらに珍味のお宝が出てきます。ウグイの身を飯寿司にして、残りのワタを塩辛にしたものです「ナッチモノ」と言われる代物で、アユのウルカみたいなものです。平成28年と昨年のものです。平成の方はやや痺れる味がします。先生はこれをアツアツのご飯にのせてチビチビ楽しんでおられるのでしょうね。貴重品をありがとうございました。

C27AAFF4-7B51-46A6-93F6-79EB141BBA9B.jpeg


話も尽きず先生宅にだいぶ長居してしまいましたが、お暇して只見駅前の雪祭り会場へ行きます。雪不足で心配されたのですが、このところの雪で何とか様になったようです。とは言え東京駅を模した雪像の雪は八十里越えの方から運んで来たとのことで、例年の半分ほどの規模です。

F60D2194-190D-429B-8CC5-4DF102ED8F0A.jpeg


子供たちは大喜びです。
例年は会場の周りにカマクラが並びますが、今年は工事用のコンテナハウスが並んでいます。
その1つに入ってみるとシドニーからの若いカップルがいました。男の子は初めての日本女の子は只見雪まつり2回目だそうです。去年来て気に入ってボーイフレンドを引っ張って来たそうです。背の高い男の子より女の子がしっかりしてて、オーストラリアも日本も同じだなぁー!なんて感じちゃったり。
只見高校の女子高生もコンテナハウスに居たよ。只見も女子高生(1年生)はかわいいさー!
そう言えばここの雪まつりもそうですが、只見線目的の外国人も随分いました。

1F24754A-6A3B-4C03-A745-CF1F3FC2208A.jpeg


一旦、今日の目的地の叶津番所に行きます。
こちらも何とか雪化粧してます。

E677F5CB-6201-4587-A839-0142E917276B.jpeg


夜は雪まつりの花火大会見物です。
なかなか寒いです。

nice!(16)  コメント(2) 

2019年最終ツアー the last bus tuor of 2019 [八十里越え]

11月3日

D438E2AD-54EE-4101-887C-A8B0CCF43962.jpg


今日が今年の八十里越体感バスツアーの最終日です。
2020年6月最終週から再開されるでしょうが、雪でそれまではお休みです。
今日はバス4台満車で運行です。(上)
下は道の駅向かいの漢学の里・諸橋轍次記念館です。この辺でも紅葉がはじまっていますから、八十里越方面の紅葉は最高潮でしょう!

私もガイドするつもりで道の駅にやって来たのですが、当番予定じゃ無かったみたいです。ポカやっちゃったよー。ずっと以前から予定表に記入ミスがあったみたいです。手書きじゃ無くiPadのカレンダーアプリです。自動入力みたいな便利機能が仇になったのかな?いや!悪いのはアプリじゃなく私が悪いんです。でも手書きが確実かな?仕事の緊張感の無さ?ボケ?
昨日、「俺、明日ガイドで乗るからまたあいましょう!」なんて今日くる人に言ってたのにカッコ悪い!まあ今回は人に迷惑かけたわけじゃ無いけど気をつけないと!

と言ったわけで今日は皆さんのお見送りのみでひきあげました。とにかく今年もツアー無事終了です。来年また皆さんに、もっと八十里越を楽しんでいただきたいものです。

340FE124-CDC2-47E9-9F2B-43D958E87AC5.jpg


さて、バスに乗らなくても、やんなきゃいけないこと山積みです。
気分入れ替えて薪割りです。薪割り自体は薪割り機のおかげでラクラクですが、薪小屋の積み替えが大変です。何日かかかりますが、ガンバリましょねぇー!

nice!(28)  コメント(1) 
前の10件 | - 八十里越え ブログトップ